工事中です

RRS Lens Plate – L84

 
100mmマクロの三脚座、70-200mmの購入に合わせて、RRSからレンズプレートを2枚輸入しました。

 
どちらも「L84」です。

RRSのレンズプレート対応表に従ってコレにしたんですが、ボディと違って三脚座の底面はフラットなので、B97あたりにしたほうがコンパクトになったかも?とか思った。
多分くっつけられると思うんだけど、スライドさせられなくなるから、まーこっちで間違いないでしょう^^

荷物をちょっとでも減らしたいとき以外は、基本つけっぱなしですね。
レンズを担ぎやすくなりました(笑)

2 Comments

yosshy

Gian1D328さん >>

こんにちは^^
Gianさんは三脚、どちらの使われています?
セルポの写真を見る限りだとVelbonでしょうか。

普通に使っている分には必要ないものですよ〜。
僕は雲台にArca SwissのZ1を使っているのですが、「アルカスイスタイプ」と呼ばれるク
イックリリースプレートで、RRSのものは三脚座なり、カメラボディの形状にピッタリ合
うように設計されているんです。

なにが良いかというと、例えば三脚座を使わずに縦位置にカメラを構えるとき、よく左に
傾けると思いますが、そうするとネジの回転方向の関係でレンズの重みでプレートが回っ
てゆるんでしまうんですよね・・これが致命的です。
この場合、右に傾けると解決します。

Gianさんの場合は328まで行ってしまわれたので(羨)、安定性を求めれば欲しくなっ
ちゃうと思いますよ♪

レンズ側の三脚座を使って縦位置にしていれば、この問題はないですね。
あとは、プレートをスライドさせられることで、ボディとレンズの重量バランスを整えて
3本の脚への加重が一定になるようにすると安定性が増します。

よかったらこの記事も参考にしてみてください^^
http://yosshy-sunshine.com/blog/?p=350

Gianさんの身近な方だと、miyabitonさんがもろ詳しいと思います^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。