工事中です

宿題

CANON EOS 5D Mark IIEF 50mm F1.4 USM

「遊びに行ってくるー」
「宿題やったのー?!
「あとでー!!」

小学生にはありきたりなこんな日常会話。

先日ニュースサイトを眺めていたら、フランスで子供向けの宿題代行サービスサイトなるものが運営されていることを知りました。

そのサイトでは、次のような「商品」を購入することができるらしいです。

◆ 簡単な算数の問題の答え ・・・ 5ユーロ(6ドル)
◆ スライドと原稿がそろった学年末発表会セット ・・・ 80ユーロ(100ドル)

なんということか・・・。
日本の「ゆとり教育」を問題視している場合ではないではないか。

CANON EOS 5D Mark IIEF 100mm F2.8 MACRO USM


親がお金を払って子供の宿題を依頼するなんて、まずあり得ないだろうし。
ということは、小学生が自らお金を支払って宿題を代行してもらうということか。

想像しただけで、とても悲しくなってきますね。

同サイトでは、

「このサイトで宿題の答えを購入しても、最終的な回答に至った過程についての説明が付いてくるので、子供たちは何かを学べる」

としているようだけど、宿題を肩代わりしてもらった学生がどうしてその回答をみて勉強しようと思うのか。
やるわけないじゃん(苦笑)

勉強もちゃんとやってみると楽しいものだよ。
僕は結果はあまりついてこなかったけど、勉強はキライじゃなかった。
理系科目が特に好きで、数学・物理は大好きでした。

かわりに文系科目がさっぱりというアンバランスさで受験勉強には苦戦しましたけど(笑)

難問を解けたときの喜びは、達成感に満ちていたなー。

きっと、こんなサイトを利用していたら絶対に味わえないでしょう。
それに、宿題代行依存(?)になってしまったら、また次の宿題を代行してもらうためにお金が必要になる。

勉強しない子供たちが宿題を代行してもらうために、お金を稼ぐことを考えてさらに勉強しなくなる。
いったいどうやって稼ぐつもりなのか。

間違っても、勉強している子供たちからカツアゲする不良学生になる、なんて最悪の循環にならないことを切に願います。

————————

参考 : 子供向け宿題代行サイト、フランスでスタート (ITmedia News)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。