工事中です

貸し切りの尾瀬ヶ原

CANON EOS 5D Mark IIEF 24-70mm F2.8L USM

水芭蕉の咲く尾瀬を歩く。その2。
貸し切りの尾瀬ヶ原。

さて、昼食も済んだところで、出発〜♪
写真、どっさりです^^

 

 
木道に戻るとすぐに、歩荷の団体さんとすれ違いました。
この荷台?にいっぱいいっぱいの荷物を担いで歩くなんて、凄すぎます。。
重さもさることながら、そんなに高く積んでバランス取れてるのが凄い。
 

 
新緑♪
 

 

 
んー!
こんな川のそばがテント場だったら、間違いなく泳いだのに!(笑)
 

 
30分ほどあるいたところで、山ノ鼻の尾瀬ロッジに到着。
「花豆ジェラート」という文字に反応してしまったけど、我慢我慢(笑)
 

 
ロッジの掲示板に天気予報が。
事前に調べてきた予報では、翌日が雨だったのですが、なんと「はれのちくもり」?

いや、まて!
日付が「5/2」になっているぞ?!

今日は「5/22」。
どんだけ更新してないんだ!

いや、そうじゃない。
山ではどんな資源も限りあるもの。
ホワイトボードのマーカーのインクだって貴重な資源なんだ!
「22」日なんて、「2」を2つ書くなんてもったいないことしなくたって、1つ書けば伝わるさ!節約、節約!

てなわけで、きっと「5/2」になっているに違いない!
と、予想して、つまり明日は「はれのちくもり」

よーし!はりきって行こー!(笑)
 

 
山ノ鼻を過ぎるとすぐに、燧ヶ岳の姿がはっきりと見えてきました^^
しかし、この地面はすごいな。。

雪が溶けて、下の泥と混ざっているのだろうけど、最初みたときはあまりの光景に鉄分でも溶け出しているんじゃないのか?!なんてすごい印象を受けました。
 

 
すごいよね。。
水はキレイなのだろうけど、まるで産業廃棄されたなにかのような。
 

 
落っこちて泥だらけにならないように気をつけよう。
 

 
気分は上々〜↑↑
とにかく気持ちいい〜♪
 

 
雪解け水の下にも水芭蕉が。
水の中を泳ぐ姿もとても気持ち良さそう^^
 

 

 

 
溶けた雪にはこんなものも。
なんだか、ナショジオの空撮みたいだ(笑)
 

 
木道は常に整備されているようで、こういった刻印が至る所に。
尾瀬は、群馬県側は東京電力の所有地らしく、木道の刻印に東京電力のマークがついているところがたくさんありました。
 

 

 

 
朝からくもり気味だった空も、青空が顔を出してくれて最高に気持ちが良い。
後ろからバスツアーの団体さんが来ていたので、追いつかれないようにペースを保ちながら歩いていたんですが、ふと後ろを振り向くとすっかり引き離したよう。
 

 
そして、気がつけばこの雄大な尾瀬ヶ原に、見渡す限り僕たちしかいないことに気づく!
すごい!尾瀬を貸し切りじゃないですかー!
と、さらにテンションもあがりワイワイ楽しく歩けました^^
 

 
東に向かって歩けば、燧ヶ岳!
西を振り返れば、至仏山!

贅沢。
 

 
時折現在地を確認して、スケジュールの遅れがないか確認。
 

 
木道に這いつくばって撮影がんばる隊長。
しかし、あのザック、30kgくらいあるんだが。。

起き上がるとき、かなりシンドそうだったが(笑)
僕ならバランス崩して湿地に落ちてます(笑)
 

 

 

 

 
燧へ続く木道!
ここで、星空を撮れたら最高だった。
 

 

 
風も穏やか。
青空も映えてくれて、鏡燧も♪
 

 
お約束☆
 

 

 
15時40分頃、竜宮小屋に到着。
ちょっとのんびりしてて、時間が押していましたが、あと30分くらいでこの日の幕営地です。

明るいうちには十分着けそうです^^
今回は基本的に上り下りはほとんどないので、いつもよりは気持ち的には楽なんですけど、歩行距離が長いので、しっかり時間の確認をしながら先に進みます。
ちなみにこの日の行程は約10kmほど。

しばし竜宮小屋で休憩して、ラストスパートです。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。