工事中です

脱ぐのめんどくさくなっちゃって

CANON EOS 5D Mark IIEF 24-70mm F2.8L USM

残雪の那須岳を行く!その5。
脱ぐのめんどくさくなっちゃって。

 
さてさて、最後は朝日岳に登ります。
すっかり雪に埋まってしまったテーブルの横にザックをデポしていきます。
 

 
風で吹っ飛ばされないようにテーブルの陰に。
 

 
ザクザクッと雪を踏みしめ、朝日岳山頂を目指す。
 

 
朝日岳の岩を登っていると、小さなツララを発見♪
・・いや、喜んでいる場合では。凍ってるってことです(笑)
 

 
山頂の標識を捉えました!
背中を向けているのがニクイね(笑)
 

 
14時24分。
朝日岳登頂。
 

撮影:ノスポン EF 17-85mm F4-5.6 IS USM

 
記念撮影〜♪
なんだか、前に来たときと看板が変わっているような気がする。。
 

 
さっき登ってきた茶臼岳もよく見えます^^
 

(↑)クリックで拡大。スティッチ・パノラマ。 【 8 stich composite 】

 
8枚の写真をスティッチしてみました。
クリックすると写真が拡大します!
 

 
ミニチュア風鳥居〜。
ではなく、本当に小さな石の鳥居が山頂にありました。
 

 
うん!最高だ!!
 

 
雪に埋もれた緑に氷が張り付いていたのだが、これ!
 

 
いかにこの場所が風が強いか思い知らされるオブジェです。。
 

 
前に来たときには、ここでホワイトアウトしたなあ〜。
 

 
さて、これから下山です。
ここまではなんとかアイゼンなしで歩いて来れましたが、下山で尻モチを付かないように念のため軽アイゼンを装備して下りることにしました。

ここからさらに三本槍岳まで歩こう、という話も朝していたけど、ここからだと往復で2時間はかかってしまう。
計算ではいまから下山して16時なので、三本槍岳まで歩くと下山18時になってしまうので、時間的に断念。
 

 
装着完了!
 

 
とかいって岩道(笑)

もちろん帰りもあの雪渓をトラバースして帰ります。
日の当たるところなのか、風で吹っ飛ばされたところなのか、登山道は雪のあるところとないところが交互に現れ、標高が低くなってもどっさり積もっていたりしました。

あのおじさんが「脱ぐのめんどくさくなっちゃって」と言っていた意味が分かる(笑)
僕らも登山口まで軽アイゼンのまま下りました。

幸い木道などはほとんどなかったので、大丈夫かな^^;
アイゼンにはよくなさそうですが。
ワンタッチで、爪をシャキーン!って出したり引っ込めたりできたらいいのに(笑)
 

 
休憩なしで下りてきたので、予定通り16時下山。
朝日の肩を出発したときにはもう誰もいなかったので、僕たちが最後です。

が、下山中に峰の茶屋跡を越えた辺りで、那須岳登山口方面から5〜6人の若い男性集団が登ってきた。20代前半か、もしかしたら10代?
全員カジュアルなファッションにスニーカー。ザックも持っておらず、拾った棒切れを持っていた。
挨拶もなかったので、山の心得もなさそうだ。

どこまで行くつもりだったのだろうか。
装備からテント泊って訳でもないだろうし、泊まるなら三斗小屋まで行かなければいけないが・・。
簡単なのは、茶臼岳まで登ってロープウェイで下りることだが、時間的にも間に合わないような。
ロープウェイを逃した経験のある僕たちは、そんなことを考えながらすれ違った。

登山ブームというか、僕たちのように登山を趣味にする人たちも増えていることで、山での遭難事故などが増えていますが、ああいう人たちが遭難するんじゃないのだろうか、なんて話していました。
というより、僕たちが止めるべきでしたね・・。
ニュースにはなっていなかったようなので、無事下りてきたのでしょうが。

僕たちも無理な山行はしないように、装備を見直して安全第一で登山していきたいと思います。

ともあれ!この日は最高の山行になりました♪
また秋に来れたらいいな!

2 Comments

ノスポン

いやいやー、ご苦労様でした。
自分にとっての初めての雪山、いい入門編になったよ。これから装備も整え、すこしずつステップアップしたいですな。そし
て次こそは三本槍を(笑)

yosshy

ノスポン >>

おつかれでした!
次こそ三本槍まで歩きたいね!
次回は茶臼飛ばして、朝日〜三本槍にしましょう♪
秋に行きたいな^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。