工事中です

筑波山登山

CANON EOS 5D Mark II / TAMRON AF 28-300mm F3.5-6.3 XR Di VC LD Aspherical [IF] MACRO

10月24日土曜日。
登山仲間たち13人で、茨城県にある筑波山に登ってきました。

最後まで一気に書いてしまいました^^

週間予報では晴天の予報でしたが、朝から雲行き怪しい感じ・・。
今回は車4台の大所帯。
朝、新宿で集合し首都高へ。
週末ということもあって、朝から渋滞で大分予定が押してしまいましたが、10時30分に無事筑波山麓の神社に到着。
 

 
予定していた駐車場が満車で、すこし下の駐車場に駐めて、筑波山神社まで歩きます。
 

 
ガマの油売り。
筑波山といえば「ガマ」。
いたるところに、ガマの置物や像がありました^^
 

 
まずは、「迎場コース」で神社から「つつじヶ丘」を目指します。
筑波山神社からなら、「白雲橋コース」を通った方が近道ですが、今回はぐるっとフルコース(笑)
 

 

 

 
13人ってやっぱ多い(笑)
 

 

 

 
11時50分、つつじヶ丘・ガーデンハウスに到着。
大きな駐車場がありました。
ここからもロープウェイが出ているので、スタート地点のひとつになっているみたいですね。

風がかなり冷たく、寒い。。
 

 
ガーデンハウスで店番をしていたクマ。
なんてやる気のないポーズか(笑)

パンダもいました(笑)
 

 
今度は「おたつ石コース」で、女体山を目指します。
 

 

 

 

 

 

 
12時30分、「弁慶茶屋」に到着。
「白雲橋コース」との合流点になっています。
 

 
女体山までもう一息。
 

 
「弁慶七戻り」
ここをくぐって進みます。
 

 
反対側から。
なんでこの位置で落ちないんだ・・・。
 

 
「母の胎内くぐり」
 

 
筑波山もけっこうハードな岩場がありました。
 

 
「出船入船」
 

 
「裏面大黒石」
 

 

 
「北斗岩」

筑波山には、名前のついた巨大な岩がいくつもあって面白い。
 

 
「大仏石」
 
なるほど、大仏に見える!
 

 
大分ガスってきちゃいました^^;
 

 

 
山頂に近づくにつれ、道も狭くなり、人の渋滞が激しくなってきました・・。
 

 
うぉいっ?!日本刀?(笑)

この日はどこかの学校のクラスで登っていたようで、すれ違った先生とお話したところ、小学生20人ほどと、園児30〜40人ほど登っているとか。
小学生はまだいいかもしれないけど、園児をそんなに連れてくるなんて、先生たちの技量が問われますね・・・^^;

子供たち、思いっきり走ったり、岩をジャンプで飛び降りたりしていたけど、見ているほうが怖かったです。。
子供たちのテンション上がる気持ちは分かるけど(笑)
 

 
13時20分。
筑波山、山頂・女体山(877m)に到着!
 

 
山頂の岩場は、すごい人で大混雑・・。
ガスで展望も全くきかないので、早々に昼食をとれるエリアを求めて移動、移動。

筑波山は、「女体山(877m)」と「男体山(871m)」からなる山です。
ちょうど2つの山の鞍部になっている「御幸ヶ原」を目指します。
 

 
御幸ヶ原までの道も大混雑・・^^;
あ、なんか旗持ってる。ツアーでしょうか?
 

 
筑波山といえば、これ!
「ガマ石」

カエルのような岩の口に小石を投げ入れ、見事口に入れば願い事が叶うとか。
僕も小石を投げてみると、石は口に入るんだけど、大勢の人が投げた小石で口が溢れていて、小石が落ちてきてしまう(笑)
ちゃんと乗っからないとダメなようです^^

人の混雑がすごかったので、あまり調子に乗って投げまくると石が跳ね返ってあぶないので、すぐやめました^^;
 

 
鉄塔。
ガスが効いて、なんだか怪しい。
 

 
13時50分。御幸ヶ原に到着。
ここで昼食です。

なんか園児いっぱい(笑)
しかしなんとも、茶屋(売店)がずらりとならんでいるし、自販機もあるし、電線いっぱいで電気も通っているし、「山に来た」感じが全くしません・・・orz

いつもの清々しい山の空気のなかの昼食、って感じじゃなく、園児たちの賑わいもあって、普通に遠足に来たような感じでした^^;

めちゃ寒くて、ギブったメンバーが茶屋に入ってしまい、5人での寂しい昼食(笑)
あ、それでも多いか(笑)
 

 
僕たちが食事を始めたくらいのタイミングで、園児たちは「御幸ヶ原コース」方面へ向けて下山を開始したようです。

何人か先生がいたようですが、ひとりやたらテンションの高い先生が、
「ほら!ロープウェイなんかつかったら山来た意味ねーだろー!足でおりるんだろー!」
みたいなことを言って子供たちを急かしていました。
予定よりも遅れているらしく、バスの時間に間に合わせるために急がせていたようでした。

下山はロープウェイの予定だった僕らは、ただただ落ち込む(笑)
 

 
1時間ほどゆっくり休憩して、僕たちは男体山の山頂に向けて出発です。
 

 

 
すこしだけガスが晴れてくれて、下の世界が見えてきました!
 

 
15時。男体山(871m)登頂!
御幸ヶ原から10分程度でした^^
 

 
寒いので、手早く記念撮影をすませて、御幸ヶ原に戻ります。
 

 

 
そして、ここで予定変更。
予定では、御幸ヶ原からロープウェイで筑波山神社まで一気に下りる予定だったのですが、みんな体力も充分残っているので、もっと歩きたい人は歩いて下りよう!
ということに。

メンバーと打ち合わせて、2名だけロープウェイで下り、残りは御幸ヶ原コースを歩いて下山することに。
 

 
そして、この判断により、こんなことに^^;
そう、御幸ヶ原で大分先に出発していた園児集団にぶつかってしまったのです。

かなりの人数の園児に、狭い道で園児グループの後ろは下山客で大渋滞。

先生たちも、もうすこし他の登山者に気を遣って道を譲ってくれたら良いものを、全くその気がないようで、不穏な空気が漂い始める・・。

まあ、山はどんどん暗くなってくるし、予定よりも遅れていて先生たちも他の登山者のことよりも、すこしでも早く園児たちを下山させたい、という思いでいっぱいいっぱいだったのでしょうか。
気持ちはわかりますが、他の登山者を巻き込んだその行動はあまり褒められないなと僕は思いました。
先生たち、僕らが詰まっていることは認識していたようでしたし。。

そんなに遅れているようなら、素直にロープウェイで降ろすべきだったのでは^^;
最近は山の事故も多いですからね。
親御さんも心配されたことでしょう・・。

その後なんとか、広い道に出たところで、一気に追い抜いて下山。
駐車場に戻って、一息ついて温泉に向かおうと車を出したとき、さきほどの園児グループが下山してきたのが見えました。
なんだかんだ邪魔だなぁ・・と思ったりしてしまいましたけど、みんな無事に下りてきてくれて、僕たちもホッとしました^^;

心配の種も消えたところで、僕たちは温泉へ♪
のんびり疲れを癒し、帰りにつくば市内でみんなで食事をして解散しました。

朝から渋滞で予定が遅れたり、いろいろありましたが、この日も全員無事帰ってこれて良かったです^^
楽しかった!

5 Comments

imarin

さすが楽勝で登ってますね。
私は神社側からの登りでばてばてで男体山と女体山の山頂には
いけませんでした^^;
う~~ん・・・心残りなのでまた挑戦します。
それにしても山の写真が活き活きしてる!
本当に楽しいんだなって伝わりますよ。
私はコンデジで数枚撮ったけど手が震えてブレまくり(笑)

PQ

ガンガン登山行ってますね~!笑
13人で・・・確かに多いけど楽しそう~!

ヨッシー君が最後に書いてるのは正論だと思います。
遅れてるならロープウェーもありでしょうね!
でも小学生や幼稚園児を持つ親としては、先生達の苦労もわかるんだよなぁ・・・
今の先生達の悩みは教育とかじゃなく、間違いなくモンスターペアレンツだと思います。
当人達は自覚はないんだと思いますけど。
すごいのがいっぱいいますよ・・・まじで・・・笑
子供同士のケンカで親が怒鳴り込んで、相手の親に土下座しろ!とかそんなのもありますし・・・
下山時間もそうですが、勝手にロープウェーに変えたりしたら・・・どうなる事か・・・
なんかあれば先生達は簡単に職をうしなっちゃいますからね~!
ちょっとだけ多めにみてあげて下さい・・・笑

yosshy

imarinさん >>

あれ?登頂されなかったんですか?
それはリベンジしませんとね!ご一緒しますよ(笑)

やっぱり登山中の撮影は楽しいですね♪
カメラ持っていなかったら、もっと早く登れるんでしょうけど^^;
やっぱり、山でも一眼ですよ!


PQさん >>

そうなんですよねえ、先生たちに悪気がないことはもちろん分かっているんですが^^;
モンスターペアレンツですか。。いろんな人がいそうですね。
僕も親になったらどうなるか分かりません(苦笑)
頭堅いんで、理不尽は許さないでしょうねえ・・。

ちなみに筑波から4週連続で山です(笑)

gishiho

 山撮り企画、連続で拝見しました(自分は高所恐怖症でして…)。いえ、別に…(苦笑)。
 登山の合間にも、これだけのカットを撮られている事が凄いですね(一枚ごとに、色彩も印象
も変わって…)。
 見ていて飽きません(若干、のけぞりながら・汗)。カメラマン気分になっていれば…。
 山登りも、平気かな…?(いや、無理はよそう・爆?!) 構図のとり方も、大変勉強になり
ました。 (=∀=)ゞ

yosshy

gishihoさん >>

山の風景は好きですし、山頂からの景色も良いんですが、僕はやっぱり山行中。
苦労したシーン、楽しかったシーン、そんな人の行動を撮るのが好きです^^
あとで写真を整理していると、風景写真よりも圧倒的に人を撮っているカットが多かった
りして、自分の好みが見えてくる気がします^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。