安田幸弘写真展・星空の散歩道

日記, 星景 | 2009年 03月 30日(月曜日)04:01
CANON EOS 5D Mark IIEF 50mm F1.4 USM

安田幸弘氏の個展「星空の散歩道」にお邪魔してきました^^

先日、たまたまネットのニュースで見つけたこの個展。
最近、星の撮影に興味を持ってちょくちょく実践しているところで、自分にとってとてもタイムリーなイベントでしたので^^

事前に彼のホームページで作品は拝見していたのですが、実際にプリントされたものを目の前にすると圧巻でした。
「プリントしただけで、そんな大袈裟な」って思われるかもしれないけど、PCのモニタで見るものとは全然別物ですよ!

一枚一枚の作品をしっかりと身に染みこませるつもりで、時間をかけてゆっくりと全ての展示作品を拝見させてもらいました。

途中、感情が高まってしまったのか、突然胸が熱くなり彼の写真を前に涙が溢れてきてしまったほどです。
慣用的な表現ではなく、リアルにです。
会場のフォトエントランス日比谷はかなり小さいスペースなので、室内にいる他のお客さんとすれすれの距離にいるような感覚です。
そんなところで、僕はひとり溢れる感情を抑えられずに涙目・・・いいじゃないか、僕の心は素直にそう感じたんだ・・・。

一通り作品を拝見してから、安田さんご本人様としばらくお話させていただきました。

僕も登山をするのですが、まだ夜山には登ったことがないので、夜山撮影について聞いてみたかったんですよね。
やっぱり山のなかで夜営して撮影されているのかな、なんて。
先日このブログでも紹介させていただいた「武井伸吾さん」のホームぺージには夜営しているようなことが書かれていたので、やっぱりそうなのかなと。

でも意外にもそうではなくて、車からちょっと出たところで撮影されたり、乗鞍の場合は天候も変わりやすいことから避難所として取っている宿から数十メートル圏内で撮影されることが多いようです。
なるほどなるほど、そうであれば僕も撮影に挑戦することは十分可能ですよね^^

夜営というよりも、やはり車中泊をすることはよくあるようです。

また、面白かったのが安田さんは、武井さんともご友人なのだそうですが、一緒に撮影にいくこともあれば、なんの打ち合わせもしていないのに、撮影に行ってみたら現場でたまたま会ってしまったり、なんてこともあるみたいです^^
やっぱり、星を撮りたいと思う空の日って感覚的に通じるものがあるのでしょうね。

各作品についても、撮影の状況など詳しく教えていただけてとても参考になりました。
撮影の裏話も聞けたので、作品のバックグラウンドが見えて面白かったです^^

そして、質問しようかどうか迷ったけど、思い切って聞いてみたこと。
それが「デジタルでの撮影」について。

彼らは基本的にフィルムで撮影されているようです。
一切の失敗の許されない一発勝負のシチュエーションでセッティングに試行錯誤し出来上がった作品。

最近僕が覚えた星の撮影方法は、デジタルならではの「コンポジット」による撮影です。
つまりは合成写真なんですよね。
それに画像処理ソフトを通すことで、意図的に星を強調したりすることも簡単にできてしまう。

そのあたり、聞くのが恐かったのですが、彼らのような星景写真家のみなさんはどう思われているのか。
思い切って疑問をぶつけてみました。

もちろん、すべての写真家の方が共通した意見ではないと思いますが、安田さんのご意見ではデジタルへのそういう偏見はないそうです。
デジタルだからこそ撮れる街明かりのある星景だったり、それはカメラの持つ特性であるわけだし。
最近、EOSの50Dを購入されたようで、展示作品のなかではアラスカのオーロラの写真がデジタルで撮影されたようです。

ソフトによる加工についても、フィルム撮影したものでも、現像だったりプリントの段階でも補正をかければ全然別物の作品にもできてしまうし、デジタルだからということは気にしてはおられないようでした。

最近、写真について色々と葛藤があって、少し考えすぎていたのかもしれません。
昨日のオフ会でも、同じような話をみなさんとしてみて、この週末でたくさんのカメラマンの方の意見を聞けたことで、いろいろと勉強になり、自分の中に引っかかっていた何かが少し外れたような気がします。
もちろんポジの意味で。

フィルムについては全くの無知なので、実際に作品について、この色はどうやってだしたのだろう、ということも聞けて、また勉強になりました。

安田さんとお話しさせていただいているときにも、また熱いものがこみ上げてきて、何度か言葉を詰まらせてしまいました。
変な人にみられたかな(^^;

かなり真剣に時間をかけて眺めていたので、こちらから声をかけたのですが、熱心に観ている人がいるなあと気にしてくれていたみたいで嬉しかったですね。

感想ノートにも長々と感想を書かせていただきました。
武井さんもご来場されていたようです^^

帰りにポストカードも購入させていただきました。
富士や海外の星景作品も素晴らしいのですが、やっぱり僕が一番好きなのは乗鞍の星景ですね。
木道と花畑の山景に星空という組み合わせが最高に幻想的で感動したんです。
そこで涙出てきちゃったんですけどね(;;

今度は自分の目で見て、撮影に臨んでみたいと思います。
とても良い写真展でした。


コメント (8)



コメント安田幸弘写真展・星空の散歩道

PQ | 2009年 03月 30日(月曜日)11:43

行きたいなぁ!
もう今日と明日だけかぁ・・・
yossyさんの感想見てるとまじで行きたいです!

今度は一緒に星やりましょっ!


imarin | 2009年 03月 30日(月曜日)13:07

感動して素直に涙を流せるって素晴らしいです。
そんなイケメンを見てしまったらワタシも泣いてしまいそう;。;
車中泊・・・趣味です。
暖かくなってきたからこれからどんどん行きます。
意外なところでばったり会ってしまうなんてこともあるかもですね~♪

写真展には行きそびれてしまいましたが、
この記事見てムリしてでも行かなかったことに後悔しています。


りん | 2009年 03月 30日(月曜日)20:40

またまた行って来てしまいました(笑)
何度見てもよかったです!!
感想帳にyosshyさんを見つけたり♪
武井さん今日いらっしゃったようで私はニアミスでした(><)

あ、どうでしょうストラップに反応した方はいたのか気になります(o・∀・o)


安田幸弘 | 2009年 03月 30日(月曜日)21:47

こんばんは。

昨日はお越しくださってありがとうございます。
そう言っていただけるとうれしいですが、なんだか照れますね。

今後もよろしくお願いします。


yosshy | 2009年 03月 31日(火曜日)00:32

PQさん >>

まだ間に合います!
時間都合がつきましたら、是非行ってみてください^^

生はやっぱり迫力が凄かったですよ♪

次は是非富士で!!♪


yosshy | 2009年 03月 31日(火曜日)00:36

imarinさん >>

お恥ずかしい。
涙腺ゆるいようで、心が揺れれば感情を隠せないみたいです^^;

高速1000円も始まりましたし、これからどんどん出掛けたくなる季節ですね♪
どこかでばったりお会いできたら面白いですね〜^^
怪しい茶髪みつけたら声かけてくださいね♪

写真展、あと一日残っていますので、もしご都合が合えば行ってみてください。
19時まで開場しているみたいです^^


yosshy | 2009年 03月 31日(火曜日)00:41

りんさん >>

何度も足を運んでもらえたら、安田さんも喜ばれたでしょうね♪
やっぱり生は迫力が違いました。
またこういう機会があったら、絶対に行こうと思います。

あ、僕の見つけちゃいましたか^^
興奮で震えた汚い字を見られてしまいましたね、お恥ずかしい^^;
武井さん惜しいっ!

どうでしょうストラップは、せっかくなのでわざとらしく何度もアピールしてみたけど、
ひとっつもツッコミいただけませんでした(笑)
りんさん参加されていたら、即ツッコミ期待しましたね(笑)


yosshy | 2009年 03月 31日(火曜日)00:44

安田さん >>

ご訪問&コメントすごく嬉しいです!^^

こちらこそ昨日は素晴らしい作品を見せていただきまして、本当にありがとうございます。
お世辞抜きで本当に感動しました。

これからも応援させていただきます!
ホームページ、それからmixiもやっておられるようでしたので、ときどきお邪魔させてい
ただきます^^

こちらこそよろしくお願い致します。
リンクの件もありがとうございました。





コメントを書く

: お名前

: メールアドレス(公開されません)

: ウェブサイト(URL)