安達太良Adventure・駆け込め避難小屋!

, 登山 | 2010年 10月 07日(木曜日)02:05
CANON EOS 5D Mark IIEF 24-70mm F2.8L USM

5連週登山・安達太良山編。その4。
駆け込め避難小屋!

みんなやってたので、ちょっと加工。
しかし、なぜか広角じゃなくて70mmでしか撮ってなかったので半端(笑)

 
13時半。山頂の広場に到着。
ここからすこし岩を登ると山頂になります。
 

 
ちょっと鎖場。
 

 
登る!
 

 
安達太良山、登頂〜!
しかし、ガスで展望なし。。
 

 
岩場から下りてきたら、待ちに待った昼食。
ガスでほとんど視界もなくなり、風もかなり強かったため、寒くて寒くて。
急いでお湯を沸かして、温かい食事で回復しました^^

よほどお腹が空いていたのか、不覚にも食事風景の写真を撮り忘れて、ぽっかりと空いた時間がなんとも寂しい感じに(笑)
 

 
食事をして体力を回復したら、下山です。
視界が悪く、展望も期待できなかったんですが、来た道を戻るのではなく、鉄山経由で沼ノ平をぐるっとまわり、胎内岩を通るルートを行ってみることにしました。
 

 
風がどんどん強くなり、会話もままならない状態。
黙々と進む。
 

 
土が紅い。
 

 

 
鉄山ルート。
視界の悪さが過酷さを演出する。
 

 
ガスの向こうに巨人のような影が潜んでいる。
 

 
しばらく進むと見えてきたのが、鉄山避難小屋。
風を避けるように中に入り、すこしここで休憩することに。

風が凌げるだけで、こんなに温かいものか。
時間が押しているので、すぐに出発する。
 

 
避難小屋の前に落ちていた標識。
「130枚の内・・」。。なんだ。
 

 
すこし先に不思議なオブジェが現れた。
ガスの向こうからうっすら出てきたときには、ウサギのモンスターかと思ったが、どうやら違ったようだ。

プロペラのよう。
調べたところ、墜落したプロペラを使用した慰霊塔のようでした。

戦況は過酷さを増してきた。
このときは、この先にあんな景色が待っているなんて、想像もしていなかった。

あと一息、つづく。


コメント (0)



コメント安達太良Adventure・駆け込め避難小屋!

コメントはまだありません。




コメントを書く

: お名前

: メールアドレス(公開されません)

: ウェブサイト(URL)