駄目人間 – 矛盾したモラル

スナップ, 日記, 街撮り | 2009年 02月 24日(火曜日)02:36


CANON EOS 5D Mark II

ひとつの過ちを犯しました。
駐輪スペースのない街で、僕たち市民は一体どうすれば良いのでしょうか。

今日はすこしお聞き苦しいかと思いますが、駄目人間なお話です。
見苦しい文章ではありますが、皆様のご意見もお聞きしたく、愚痴全開に書き散らしてみました。

僕への罵倒もなんなりと。
あまりに不愉快なことになってしまった場合には、すぐに削除いたします。

今日の議題のキッカケ。

「駅前に駐輪した自転車を撤去されました。」

もちろん、放置禁止区域に駐輪した僕が悪いです。駄目人間です。
そこを否定するつもりはありませんが、僕にも言い分がありますので、そのお話です。

僕が利用している駅周辺には、いくつか市が指定している駐輪場があります。
もちろん、ちゃんと駐輪場を利用しています。

自転車を購入した際、最初に月極の駐輪場に出向いたところ、

「月極の利用登録には3〜4ヶ月の待ちになります」

というおかしな話をされました。

つまり、駐輪場を利用したいと考えている人の数に対して、市が提供している駐輪場の収容台数が明らかに足りないのです。
ここで文句を言っても仕方がないので、少し離れた機械式の駐輪場を利用することに。

1回100円の駐輪場。

1年弱くらいか、その駐輪場を利用していたのですが、昨年の秋に突然駐輪場が閉鎖。

仕方なく最初に行った月極の駐輪場の、一時利用区画を利用することにしました。
ここの駐輪場は敷地の半分が月極利用、もう半分が1日100円の一時利用駐輪場になっています。

「1回100円」ではなく、「1日100円」なので、放置するとそれだけ課金されます。

そのうえ、こちらは機械式のゲートはない青空駐輪場でセキュリティ面はとても低いが、料金は高い。
まあ、それは置いておきましょう。

しかし前述のとおり、この駐輪場は駅に近いこともあり利用客がその収容台数をはるかに超えているため、朝駐輪場に出向いても、

「満車だから他へ行け」

と言われる始末です。

駐輪場に駐められることのほうが少ないのです。

しかし、南口には駐輪場は、閉鎖された機械式のところと、この追い返された駐輪場、もうひとつは年契約の利用登録を必要とする駐輪場のため、南口にはほかに駐輪場がありません。
他へ行けといわれても、駐輪するスペースがないのです。

「なら、どこへ行けと?」

そう訪ねると、ある駐輪場を教えられました。

近くのスーパーの駐輪場です。

話がおかしいのではないでしょうか。

スーパーの駐輪場は市の所有するところではありません。
ろくに駐輪スペースを確保することも出来ない市が、放置禁止区域に駐輪された自転車は即時・即日撤去し、引き取りには3000円の保管料をいただくと言ってきます。

その確保できない駐輪場を、「スーパーの駐輪場に駐めろ」という責任逃れな態度に疑問を抱きます。

しかし、放置禁止区域に駐輪することに抵抗のある僕は仕方なくそのスーパーの駐輪場を利用することにしました。
こちらは機械式の駐輪場で、「3時間までは無料。以降6時間ごとに100円の課金」というところ。
朝10時頃に駐輪し、夜中に帰宅すると「1回200円」の利用になります。
たまに会社に泊まり込みで帰ってきたりすると「500〜600円」取られてしまったことも・・。

なので、可能な限り市の駐輪場へ出向き、満車だった場合にはスーパーの駐輪場を利用するようにしていました。
しかし、昨年の暮れ、南口で一番大きいその月極&一時利用の駐輪場までもが閉鎖されました。

一体どういうつもりなのか。

暫定的に代替の駐輪場として張り紙で指示されたところは、駅から徒歩7〜8分ほど離れた高架下の小さな駐輪場でした。
さすがにそこはすこし離れてしまっているので、仕方なく毎日スーパーの駐輪場を利用せざるを得なくなります。

実際に僕自身がちゃんと調査したわけではありませんが、このスーパーの駐輪場の利用者の半数以上は駅利用者だと思います。
夜中に駐輪場に戻ってくると、店は閉店しているのに僕と同じようにまだ駐輪された自転車がたくさんあるのです。

こんな話を、車の駐車場を契約している不動産屋の親父さんと世間話で話していたら、どうしても市の対応の悪さが浮かび上がってきます。

「駐輪場もちゃんと用意しないんだから、禁止区域にだって駐めるしかないよな。市もわかってるんだろうから、簡単に撤去なんてされないと思うよ」

半ば冗談ではありますが、そんな話をしていました。

もう、自転車使うのやめようかな。
そんなふうにも考えます。
実際、今のところに越してきてから2年以上は毎日駅まで片道20分歩いていましたし。
でも、駄目人間な僕は、一度自転車の楽さを覚えてしまうと、すっかり歩かなくなってしまったのでした(苦笑)

そして今日、不覚にも寝坊。

いつものようにスーパーの駐輪場に駐輪してから駅まで歩くと間に合わない。

・・・仕方ない。

ちょっとした気のゆるみ。

この間不動産屋の親父さんとあんな話をしていたこともあって、大丈夫だろう、と思いつい駅前の本屋脇の「放置禁止区域」に自転車を駐輪してしまったのです。

帰宅時、見事に僕の自転車の姿はありませんでした・・・。

(–ここから市のHPより引用–)

自転車の路上放置はおやめください

自転車は手軽に利用できる非常に便利な交通手段であり、私達の重要な生活の足となっています。しかし、その自転車も路上に放置されると、歩行者や自転車・自動車などの通行の妨げになります。特に高齢者の方や身体に障害のある方、小さなお子さんたちが安心して通行できる環境を奪ってしまいます。
市では、誰もが安心して気持ちよく歩ける歩道を取り戻し、より良い交通環境づくり、歩く楽しさを発見できるまちづくりを目指し努力していきます。まちに住み、まちを訪れるみなさんのご理解とご協力をお願いします。

放置禁止区域内に放置された自転車は、即時・即日撤去されます

駅周辺半径約300mは自転車等放置禁止区域に指定されています 。駅周辺に放置された自転車は、緊急車両の通行に支障をきたしたり、歩行者、特に高齢者や障害者の通行を妨げ、非常に危険です。このため市では、随時放置自転車の撤去を行っています。

(–引用ここまで–)

「路上に放置されると、歩行者や自転車・自動車などの通行の妨げになります。」
「緊急車両の通行に支障をきたしたり、歩行者、特に高齢者や障害者の通行を妨げ、非常に危険です。」

ごもっともです。
では、どうして駐輪場をしっかりと確保してくれないのでしょうか。

放置禁止区域に自転車を駐輪している市民は、

「歩行者や自転車、自動車の通行の邪魔をしてやろう」
「緊急車両の邪魔をしてやろう」
「高齢者の邪魔をしてやろう」

そういう気持ちで自転車を駐輪しているのでしょうか。
そんな人間ばかりではないでしょう。

駐めたくても駐められない。
満車だから他へ行けと言われた。
駐輪場がなくなった。

一体僕たち市民はどうしたら良いのでしょうか。
わざわざ駅の反対側まで行って北口の駐輪場を探さなければいけないのでしょうか。
行ってもいいんです、でもみんなが良心に従って、そっちの駐輪場に行ったところで、また利用客で溢れて追い返されるだけなのでは。

ちなみに、市のHPを眺めてみると、駐輪場マップに最近閉鎖された駐輪場がまだ載っています。
更新日付が記載されていました。

「更新日:2007年1月15日」

笑えてきた。

「誰もが安心して気持ちよく歩ける歩道を取り戻し、より良い交通環境づくり、歩く楽しさを発見できるまちづくりを目指し努力していきます。」

立派に努力なさっていますね。
僕ならこんなマップ(失礼・・)10分で更新できますが、よりよい街を作っていきたいという立派な努力をされている市役所のみなさんは、駐輪場のマップを2年も更新なさらない。
駐輪スペースも確保せず、現在どこに駐輪場があるのかという情報も正しく提供せず、「悪人」からお金を取ることだけは毎日しっかりと遂行されている。

・・すみません、これは完全に愚痴ですね。

可能であるならば、一度役所で仕事をしてみたい。
僕のような考えを持った人間は、いい加減「役所」というところを敵視しすぎている節がありますが、実際に役所の人たちはどういった心構えで仕事をしているのか、興味があります。

間違っても、

「市民を困らせてやろう」

なんて考えをもっている人間なんていないと思いますが、

「努力はしているが力量が足りない」のか、
「何も考えていない」のか、

そのあたりを知りたい。

とりあえず、やってしまったことは仕方がないので、週末自転車を引き取りに行ってきます。
もちろん、ここに書き散らした「僕の意見」はしっかりと伝えてくるつもりです。

市の対応・態度がどういったものになるのか楽しみです。(嫌み^^;
おそらく頭ごなしに説教されるのではないかと予想。

「二度と放置禁止区域に駐めるなよ」

なーんて。
しかし、ただでは負けません。
言いたいことは全部言ってきます。
その上で、どういった態度を取るか。

保管料3000円。

果たして今回の一件、3000円分の経験価値はあるだろうか。

明日から少し早く起きなくちゃ。

——こんな記事を最後まで読んでくださってありがとうございます。


コメント (6)



コメント駄目人間 – 矛盾したモラル

Shin | 2009年 02月 25日(水曜日)06:49

役所仕事、、、
よく嫌みっぽく言いたい時に表現しますよね。。
軽井沢の役場の職員の人数は、パッと見、
新宿区役所の職員数と同じなのではないかと
感じるくらいに、とてつもない数の職員が
窓口の向こうに存在しています、、。
彼らの仕事って何をしているのか、
とても興味深い事ですよね。
まず、民間の企業ではありえない人件費の使い方で
ある事は一目瞭然。
僕はあまり自転車を使った事がないので
駐輪場の事情を、このエントリーで初めて知る事が出来ました。
都内で生活していた頃は、単純に邪魔だな位にしか思わなかったのですが、
こうして止める側の事情もわかってしまうと
とても複雑な問題になって来てしまいますね。

話はちょっと違いますが、
軽井沢はトップシーズン、他県からの観光客の車で
交通が麻痺してしまうほど大渋滞を起こします。
もう何年も同じ事が起きているのに、
行政は何もアクションを起こそうとはしていません。
駐車場も全く足りず、路駐の嵐です。
路駐の為にまた渋滞が発生し、地元の人間が移動するにも
大変な時間と労力をつぎ込まないと目的地にたどり着けない、
そんな事が何年も続いています。

もう少し、利用者の立場、視線に立って物事を見極めて欲しいと
どうしても感じてしまいます。
役場で仕事をしてみたい、、
確かにそうですね。
僕もそう感じます。
どういう考えた視点で物事を判断しているのか、、、

支離滅裂な文章を、長々と書いてしまい失礼しましたm(_ _)m

この駐輪場での一件のその後、
もし機会がありましたらエントリーしてみてくださいね(^^)


ひろかぜ | 2009年 02月 25日(水曜日)22:03

まあ 普通に考えて役所の人で
オレは皆の税金で食わせてもらっているんだ
と日々身に沁みこませながら働いている人は皆無でしょうねw

おれももし役所で働いたらそんなこと日々思って働かないでしょうしwww

運が悪かったといえばそれまでだけど
同じ憤慨を抱えている人は沢山いますよきっとね^^

道路整備課にクレームいれるなり投書するなり
なにかアクション起こすのもいいかもw

前の親方は明日が雨で仕事が出来ないと気象庁に電話で文句言ってましたよマジデ
「明日雨だと仕事進まねーんだけどサ どーしてくれるんだよ!」ってwww

それかなりムチャでしょ親方!www


yosshy | 2009年 02月 26日(木曜日)02:59

Shinさん >>

貴重なご意見ありがとうございます!

役所勤めの方にも、もちろん悪気なんて一切ないことは分かっているのですが、どうして
も小さな田舎のほうとは違い、

「顔の見えない行政」

どうしても、不満があれば、「見えない影」を敵視してしまいますね・・。

なるほど、確かに観光地に住む方達にとって観光客というのは複雑な存在ですね。
街の活性化には繋がっているのでしょうけど、日常の生活に支障を来してしまうというの
は悲しいことですね。
これも住む立場になってみないと、分からないことですね。

やはり人間、そんなに強い生き物ではありません。
人の気持ちをちゃんと理解するのはとても難しいことですね。
それに近づくための鍵が「信頼」なのでしょう。

あ、なんだか僕も脱線してきました(苦笑)
なにか続報があれば、また書き連ねてみたいと思います。


yosshy | 2009年 02月 26日(木曜日)03:03

ひろかぜさん >>

おっしゃるとおりですね。
彼らも生活のために仕事をしているのであって、(語弊があるかもしれませんが)真剣に
「より良い街作り」を目指している人はごく僅かな気がします。

なかなかお互いを理解し合うのは難しいですね・・・。

気象庁に天気の苦情ですか!(笑)
なかなか男気の溢れた親方様ですね^^


gishiho | 2009年 07月 10日(金曜日)21:02

 お役所で親身に(表向きだけでも)対応してくれるのは、窓口係の方達だけですよね(どうも、こ
んばんは)。最初っから、市民を馬鹿にしていると言うか…。
 不信感を持ち込むのは、決まって向こうの方で…(前に揉めた事が…)。…済みません。愚痴っぽ
いですね(駐輪場問題、いつになったら解決出来るのかなァ…)。


yosshy | 2009年 07月 11日(土曜日)03:39

gishihoさん >>

やっぱり、みなさん一度くらいは役所関係でトラブルはありますよね^^;
土地は限界なのに、自転車、車は日々増える一方。
一体どうすれば解決するのでしょうかね。。

余談ですが、この記事で閉鎖されてしまった駐輪場の場所は解体された後、ビル状の駐輪
施設が建ちました。
収容台数は以前の数倍になりました。
それでも問題は完全には解決していませんが、この動きは解決に近づいてくれていると思
います^^





コメントを書く

: お名前

: メールアドレス(公開されません)

: ウェブサイト(URL)