雲上の楽園

, 登山, , 風景 | 2010年 07月 28日(水曜日)01:00
CANON EOS 5D Mark IIEF 24-70mm F2.8L USM

乗鞍の夏。その4。
雲上の楽園。

間が空いてしまいましたが、乗鞍写真のつづきです!
白雲荘で夕食後、準備を整えて大黒岳に登ります。

 
日が傾きだした午後6時半。
大黒岳は、白雲荘から10分ほど。
山頂までも15分程度なので、気軽に登れちゃいます。
 

 
南東の空には巨大な積乱雲が!
ちょうどこの週に梅雨明けしたようですが、見事な夏雲っぷり。
 

 
ヒコーキ。
 

 
時間と共に美しく染まる雲上の景色をお楽しみください♪
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
あの雲、ラマっぽい。
 

 

 

 

 
おや、このシルエットは?(笑)
 

 
そして、日は暮れる。

次回、星景編です。
つづく。


コメント (5)



コメント雲上の楽園

nobuyuki | 2010年 07月 28日(水曜日)20:33

yosshyさん、こんばんは。
朝日がまぶしい~。山が真っ赤(オレンジ)に焼けるんですね。
富士山が楽しみです。

富士山のアドバイスありがとうございました。
助かります。感謝!!
良く寝て高山病にならないようにしないと^^
yosshyさんは何リットルのザック、何個ほどお持ちなんですか?
私はdeuter air contact 45+10を持ってますが、大きいかな。
でも、買うのもね~^^


bigcorner | 2010年 07月 29日(木曜日)01:26

りんさんの乗鞍記事の写真も凄かったけど、
yosshyさんのも、さすがですねぇ

まさに、夏~っ!!

僕は熊が怖くて、近づけません…


yosshy | 2010年 07月 29日(木曜日)02:38

nobuyukiさん >>

こんばんは。
こちらの記事の写真は、夕陽の写真になります^^
朝日はあと数回あとに掲載予定!

富士山、晴れるといいですね。
高山病対策に携帯酸素を持って行くと良いですよ〜。

僕はメインで使っているザックが、MILLETのグランキャプサン35-45。
軽登山なら、同じくMILLETの15Lと、散策用のデイパックを持っています。

登山シーズンの富士登山で、山小屋泊、食事付きなら25〜35Lあれば必要十分だと思います。
大きいザックだとそれだけで重量が上がってしまうので、準備できるなら容量ダウンもア
リだと思いますが、お財布と相談ですかね。

意外と落とし穴なのが、あまり大きいザックで荷物が少ない場合は、しっかりパッキング
しないと、ザックのなかで荷物が動いてしまって、その振動が思っている以上に体に負担
がかかると思います。
ザックの中で荷物がユサユサ揺れないようにパッキングを工夫してみてください^^


bigcornerさん >>

この雄大な景色は、自然からの贈り物ですね。
夏雲が迫力あって、カッコ良かったです♪

月明かりのない山で熊に襲われたら、たぶん何が起こったかわからないかも(苦笑)


gishiho | 2010年 08月 06日(金曜日)20:53

こちらの記事のお写真群、凄いッ…?!(特に雲の表情が…!) Σ(°Д°)ゞ


yosshy | 2010年 08月 08日(日曜日)01:35

gishihoさん >>

とにかくスケールの大きい迫力の夏雲でした♪





コメントを書く

: お名前

: メールアドレス(公開されません)

: ウェブサイト(URL)