やっぱりノムケーン!

スポーツ, 乗り物 | 2010年 06月 16日(水曜日)00:50
CANON EOS 7DEF 70-200mm F2.8L IS USM + EF 2x II

D1 GRAND PRIX 2010 Round3 in FUJI SPEEDWAY。その3。
やっぱりノムケーン!

そういえば、特に説明はしていなかったけど、「D1」は「全日本プロドリフト選手権」といいます。
規定のコースをいかに美しくドリフト走行できるか!(ライン、煙、音)
という単純なバトルですが、単走の競技を終えると、最大の見所「追走」が始まります。

これは、2台の車が同時にドリフト走行する。
前車を後者が追いかける形で走行し、接触寸前のビタビタのバトルが展開する。
1戦につき前後を変えての2本走り、よりポイントの高い選手の勝利となる。

 

 

 

 
そして、注目を集めたのがこのバトル!(↑)
5番。青のマシンを操る川畑真人。
そして、7番。赤のマシン斎藤太吾。

この2人は2007年のD1グランプリに、この富士スピードウェイで大クラッシュを起こしている。
そのとき、僕もカメラを構えて目の前で見ていたが、あまりの惨劇にシャッターを切れなかったほどだ。

2008年以前のブログ記事は移転に伴って非公開にしているので、引っ張ってこれませんが、そのときのビデオがあったので貼ってみます(↓)
 

 
斎藤太吾は腕はあるのにここぞというところで審査員席に突っ込みそうになったり(笑)、見せ場を作ってくれる面白い選手ですが、今回は無事に(?)試合をこなしたが、川畑が勝利した。
 

 
そして、やっぱり魅せてくれたのが、6番白のスカイライン、ノムケンこと野村謙!
前回観に行ったときに、ミッショントラブルで「1速→2速→6速」〜〜!なんてむちゃくちゃな状態で走り抜いたド根性を見せてくれましたが、なんとも皮肉にも今回もノムケンのマシンはミッショントラブルで4速が使えない!
練習走行の時点から様子がおかしかったものの、4速のない状態で決勝まで勝ち抜き、結果は準優勝。
素晴らしい走りを見せてくれました^^

今回の優勝は、今村陽一選手でした!
 

 
それにしても、今回は異常なくらいに順調なスケジュール運びで、予定を30分以上も巻いていました。。
良いことのようだけど、追走バトルのサドンデスが一度も行われなかったというのは珍しく、試合の運びもどこか淡々としていて今ひとつ盛り上がりに欠けたような^^;

良くも悪くも、大クラッシュのあった2007年2ndのラウンドは、仲間の友情とか熱いものを見せてもらえたようで、やっぱりあの年のD1が一番印象に残っているかな。

また、観戦に行きたいです。
アクセスの良さから毎回富士スピードウェイのラウンドに来ているけど、今度はエビスにも行ってみたいなあ〜。

以下、おまけ〜♪
 

 

 

 

 

 

 

 


コメント (2)



コメントやっぱりノムケーン!

bigcorner | 2010年 06月 19日(土曜日)06:53

yosshyさんもホント、趣味が幅広いですね~
D1懐かしいなぁ 憧れましたよ 昔は
でも長らくWRCカー乗り(嘘 ただのヨンク)だった僕には、
濡れてくれないとドリなんて無理でしたT_T

ノムケンお好きですか?
お猿ちゃんみたいで可愛いですね
まだお店はやってるのかな?

yosshyさんは走らないのですか?
因みに僕は数年前まで、ルーレット族ならぬルーレットの一匹狼でした(これも嘘 一匹兎)


yosshy | 2010年 06月 20日(日曜日)17:45

bigcornerさん >>

僕は観る専です(笑)
ぶっちゃけ車のこととか全然わからないのでー^^;

「観てカッコイイ」ってことで、4年ほど前に友人に誘われて観に行ったのがキッカケで
D1好きになりました♪

WRCは絵的にすごい面白いと思うので、撮ってみたい!
F1とかも撮影してみたいけど、D1のゆるい感じが好きです(笑)





コメントを書く

: お名前

: メールアドレス(公開されません)

: ウェブサイト(URL)